残念だぁ

月曜日のお昼、いつものように仕事場の近くのパン屋さんに買い物に行きました。
あれあれ…シャッター閉まってる。
「長い間ありがとうございました。閉店しました」の貼り紙。

がーん( TДT)

知らなかった。つい先日も買ったところなのに。
いつもこの店のサンドイッチと塩バターパンが私のお昼ご飯だったのだ。
住宅地の一角のごくごく普通のパン屋さん。
ジャム、餡、クリームの三色パンやらチョココルネやら、素朴な昔懐かしいようなパンか少しずつ並んでいる。
流行りの塩バターパンはしっとりとしていて、塩とバターの加減が絶妙。ここのがいちばん美味しいと思っていた。
人気商品なのか、時々売り切れていて「今日は売り切れてしまいました~」と申し訳なさそうに応対してくれるレジのお姉さん。
パン屋さんらしいふんわりした雰囲気が優しかった。
サンドイッチは私好みの焼いた卵が挟んである。レタスもシャキシャキして新鮮。
トマトもたっぷり挟んであってとても美味しい。
最近のお洒落なパン屋さんは調理パンはなんだかコッテリしたかんじだけど、ここのは素朴な正直なパンというかんじ。

あ~~喪失感。

チェーン展開のお店なら閉店してもまた他店に行けば同じ味に巡り会えるけど、個人のお店では閉店となればもうその味に出会うことはないだろう。

今日もまた「残念だぁ~」と思いながらシャッターの閉まったお店の前を通った。




[PR]
by chiromame | 2018-10-23 22:41
<< 社会問題にまでなってるらしい 好きだったんだけどなぁ >>