ズレ

娘1、↓にも書いたように今年は長い夏休みでした。
家にいる時間も長く、たくさん話したりできたけど、毎日毎日一緒の時間が長くなってくると多少のあれこれも出てくるような気がして…(私だけか)

帰ってきたら美味しいモン食べさせようとか買い物いこうとか、ゆっくりさせてやろうとか手伝ってもらおうとか…いっぱいいろいろ考えて帰ってくる日を待ちます。
帰ってくる娘もきっと、帰ったらあれしようこれしようと思っているはず。
でも実際はその両方のタイミングがバッチリあうとは限らず、そうなるとだんだん思うようにならずズレが出てくるのです。
そして「ほんまにもう!」となるのです。

友人が「家から出たもんはやっぱり出たもん、戻ってもおんなじようにはいかへんわ」と。
また他の友人は「たとえ学生で賃貸に住んでても、一つの居を構えたらそこがその子の家、実家に帰る時はそれなりの緊張感を持って帰ってきてもらわんと…」のようなことを言っていたのを思い出す。

そうかもしれんなぁ、わが子やゆうても、ここがアンタの家やてゆうても、それぞれの暮らしにリズムも出来てきてるんやしいつまでも同じように生活するのは無理があるのかもしれんなぁ。
それが、お互いの成長でもあるわけやし、寂しい気もするけどこれが巣立ちということか(ちょっと大げさか)

せっかく帰ってきたしと思って必要以上に世話やいて干渉して、うまくいかへんかったら腹立てて、それやったらはじめっから特別にしーへんかったらええんやわ。
と、娘1が戻る頃にそんなことに気付く。

と、思いながらも帰りの荷づくりの事を案じてしまう。
これが親っていうもんか。
けどきっとまた、「せっかく持たせるもの用意したのに!勝手にしー」って事になるな。(今から読めている)

まぁ仕方ない、あと1日おせっかいやきの親しとこ。
[PR]
by chiromame | 2013-08-23 14:06 | 暮らしいろいろ
<< 初めてのお風呂 夢を持とう! >>