再挑戦

先週から、かねてからの課題だったペーパードライバー教習に通い始めた。
免許を取ったのは平成元年、その間少し乗っては怖くて
乗らなくなってしまうことの繰り返し。
当時は主人の実家まで運転して帰って、くたびれてしまって
着くなり寝させてもらうという減点嫁だったり、
滋賀県の北の方まで出かけて帰りに運転して、となりに乗る夫に
グースカ寝られて半泣きで家までたどり着いた事もあった。
なんかいつも運転すると緊張してしんどいばっかりなので
ついつい敬遠して今に至っている。
でも自分で運転できたら寄り道も出来たり雨の日も助かるなあと思い、
そう思いかけたらなんとかしたくなって思い切って行ってみる事にした。
 初日に教官から「サイドミラーの位置あわせてください」と言われて
思わず窓から手を出してミラーを動かそうとしたら
「ボタンがありますから」と言われた。
きっとこの時点であきれられていたのだろうな。
その後「後方確認して」と言われても
右みていいやら左見ていいやら、そのうち曲がり角はきてるし…。
無我夢中の初日を終えた。
 2回目、前回と違う教官だったので(いい人だった)
「思い切って路上に出ましょう!」と言われ
「ふへぇw(゚ロ゚)w」と声が裏返しになるほど緊張が走る。
でも思い切って出てみた。
家の近所の見慣れた風景だったし、おまけにその日は
交通量も少なくてスムーズに走れて教習所にもどる頃には
すっかり緊張もとけてチョッピリと自信がついたような気がする。
教官からも後は「乗ってみよう!という気力だけです」と
言ってもらったのでこれからはできるだけ乗ってみよう。
でも普段は夫が車で出てしまっているので乗れないのがネック。
ホントはちっちゃくてもいいから私の車が欲しいのだけど…。

ここのところ初体験やら再挑戦やら身辺いそがしい=З=З=З
[PR]
# by chiromame | 2006-06-13 21:35 | 暮らしいろいろ

初体験

サッカーWカップの開会に沸いていた土曜日の未明、
私は救急車に乗った。
運ばれたのはもちろん私。
でも今こうしてお気楽に投稿しているぐらいだから
さいわいにもたいしたことはなかった。
夕食のすきやき(奮発した!)をおなかいっぱい食べたのが
たたったようで寝静まったころお腹痛で七転八倒(>д<)
血圧も急激に下がったようで、結局救急車を呼んでくれた。
でも救急車が家に到着する頃にはちょっと治まってきていて
なんだか申し訳ないなあと恐縮する思い。
でも隊員の方はやさしく声をかけて下さり、担架でヨイショと運ばれる。
(重いのにごめんよ~)
無線で病院探ししている間にますます痛みは引いていく。
(もうけっこうですとは言えないし)
そうこうするうち病院目指して走り出した。
ガタガタガタガタ揺れる揺れる。
怪我の人ならさぞ痛いだろうなと思ってしまう。
病院に着いたら診察してもらってレントゲンと点滴。
明け方の4時半頃には帰れる事になった。
救急車でついてきてくれた夫と共にタクシーに乗る。
夫は家を出る際ちゃんと着替えていたようだが
私はパジャマにスリッパのヘロヘロな格好。
タクシーの運転手さんも夜中に病院前からそんな格好で
乗ってこられさぞびっくりだったろう。
家に帰ると娘1が娘2と寝てくれていて
「点滴一本で済んだわ」とお布団の横にもぐりこんだ。
朝起きてからもボーとだるかったので、この日の幼稚園行事は
急遽おじいちゃんにお願いした。
娘1も実習の最終日で本当なら「おつかれさん」と
言葉をかけたかったが最後の最後になって皆に
めいわくをかけてしまった。
3週間の娘1の帰省にちょっと最初に張り切りすぎたかな。
かわいいお弁当も頑張ったし。
家族なんだから帰省中も普段通りでいいのにね。
あれやこれやと気持ちばかりが先に行ってしまった。
反省(>人<)
[PR]
# by chiromame | 2006-06-11 23:46 | 暮らしいろいろ

バナナづくし

この前、バナナケーキを2種類焼いた。
大きなバナナが3本も茶色いテンテンをつけはじめたから…。
f0062101_1830936.jpg

まあるいバナナパイと手前の四角はバナナくるみケーキ。
軍配はバナナくるみケーキにあがった。
ここのところの陽気でそろそろケーキづくりのマイブームも終焉か!
でもシフォン型買ったばかりでまだ使ってないしなぁ。
[PR]
# by chiromame | 2006-06-06 18:39 | キッチン

ブルーメの丘

f0062101_17232747.jpg

[PR]
# by chiromame | 2006-06-05 17:23 | 暮らしいろいろ

ブルーメの丘

滋賀県のブルーメの丘に行ってきました。
最近は日曜も家の近くばかりで遊んでいたので
今日は久しぶりの遠出でした。
f0062101_2111639.jpg

娘2がポニーに乗ってみたいと言ったので初挑戦!
f0062101_21252415.jpg

ヤギやヒツジに餌をやったり、園内のバラをみたり
のんびりとした一日でした。
[PR]
# by chiromame | 2006-06-04 21:17 | 暮らしいろいろ

お宅訪問(その2)

↓に画像アップしたお宅。
ほんとうに素敵なセンスでお部屋全体をディスプレイされていて、
ここちよい空間でした。
築後かなり経つとおっしゃっていましたが
それがまたアンティークな雰囲気をかもしだしていてオシャレ。
カゴやリネン布、ルクルーゼのお鍋など我が家にも同じものがあって、
少し嬉しくなったけど……全然ちがう。
やっぱりセンスだわ。
小さい子どもがいるからとか仕事してて片付ける時間がないとかは
単なる言い訳ね。
やっぱり努力しないとね。
家に帰って現実に直面し、どこから手をつけようかと思っています。
お昼も2段のプレートスタンドにサンドイッチ。
ボンヌママンのオレンジジュ-ス、フルーツ、アイスティー。
何もかも心配りのきいたおもてなし。
週末ちょっと片付けよう!
[PR]
# by chiromame | 2006-06-02 20:59 | 暮らしいろいろ

お宅訪問

f0062101_14121297.jpg

f0062101_14121228.jpg

あこがれの幼稚園ママのお宅に遊びに行きました。
どのお部屋も素敵でインテリア誌をみているよう。
[PR]
# by chiromame | 2006-06-02 14:12 | 暮らしいろいろ

記念日

先日結婚記念日を迎えた。
23年経って、私は自分の両親と暮らした年月より
夫と暮らしてきた年月のほうが長くなった。
結婚当初はそれぞれの育った家庭の考えやら
環境やらがおたがいに染み付いていて
なかなか相手に合わせる事ができず
衝突した事もあったりした。
結婚って二人だけの事ではすまないもの。
でも一人っ子の私にもたくさんの兄姉ができたし、
姪っ子甥っ子もお年玉がたいへんなほどの人数。
義母の介護もわずかながらお手伝いできた。
娘1の誕生からスッカリこども中心の家庭に
なってしまい、夫は少しすみっこに行ってるかも。
23年で夫は少し痩せ、私はたっぷり太った。
まだまだ娘2にも手がかかるけど
もう少し夫のこと見ていこう。
ちょっと反省してみたりして( _ _ )..........o

記念日といってもいつも特別なことはしないから
晩ごはんはお好み焼きでした。
[PR]
# by chiromame | 2006-06-01 00:13 | 暮らしいろいろ

大工さんのおべんとう(その2)

娘1の実習が月曜から始まっていて
私は毎日のおべんとう作りを楽しんで(?)いる。
アップした画像は初日のもの。
娘1はもっとレタスなどあしらったり、
かわいい入れ物にはいったソースをつけてほしかったり
するみたいだけど、
私には私のおべんとう作りのこだわり(たいそう~)があって、
まあそれは私の好きな料理研究家の小林カツ代さんの
書かれていることに同感した事がほとんど。
生野菜を入れてもおべんとうを食べる頃には
しな-っとなっていておいしくないし、
それなら熱を通したお野菜を。
ソース入れを入れるスペースがあればその分好きなおかずを
もう一品入れたいし、だいいちフライなんてあらかじめ
ソースをちょっとしみ込ませておいたらそのほうが
冷めたフライにはぜったいおいしいと思うけど。
小林カツ代さんのおべんとうの本は
蓋の閉まらないようなおべんとうは載っていなくて
どのおべんとうも懐かしいかんじのあたたかいおべんとう。
私もそんなおべんとうをつくりたいし、そんなおべんとうを
夫、娘1,2にも食べてもらいたいし、そんなおべんとうを
将来懐かしんでつくってくれたらうれしい。
f0062101_213314.jpg

 たかがおべんとう、されどおべんとう
[PR]
# by chiromame | 2006-05-25 21:06 | キッチン

お買い物

先日高島屋へ「お買い物」にでかけた。
なぜか高島屋の場合は「買い物」ではなく「お買い物」になる。
そして上着もGジャンからジャケットに変わるし
スニーカーも少しおしゃれなスニーカーに変わる(歩き易さ重視)
バッグもいつものからちょっと小ぶりなハンドバッグに変わる。
気取っているわけでもなんでもないけど
毎日のスーパーとはちょっと気分が違うし、
デパートに行くのは3ヶ月に1度ぐらいだから
私にとってはちょっと特別な日になる。
そんな日はほんの少しでも普段とどこか変えていくことで
ワクワク感もあって楽しい。
幼い頃デパートに連れて行ってもらった日の感動が
いまだに忘れられないのかも。
母はデパートが好きだった。
その日は必ず「よそゆき」の服を着せてもらえたし、
大食堂でお子様ランチやホットケーキも楽しめたし、
屋上が遊園地のようにも思えた。
大丸と高島屋をはしごして(でも決して大丸の紙袋を
堂々と高島屋には持って入らなかった母である)
それから京極を北へ上がるのがいつものパターンだったな。
それだけ歩いたらきっとくたびれて帰るころには
グズグズ言ってただろうに。
なつかしいな。
「お買い物」なんだかそんな言葉の魔法で
つい買いすぎてあとからドキドキする私です。
[PR]
# by chiromame | 2006-05-20 19:07 | 暮らしいろいろ