艶やか

先日、日本舞踊の温習会にお誘いいただいた。
幼い頃、母に連れられ鴨川おどりや都おどりを観に行った記憶はあるが(もしかしたら私の舞台観賞好きは母の影響なのかもしれない)
大人になってから日本舞踊の舞台を観るのは初めて。
今回の会場は京都芸術劇場春秋座。
歌舞練場とは多少趣は違うけれど、これも何かのご縁と思い楽しみに出掛けてみました。
まったくの無知ながら、舞は艶やかで凛とした姿に、娘のバレエと重ね合わせ、きっとどんな舞にも日頃の鍛練が舞台で生きる!と思いました。
長唄や囃子の音色が心地よく聞き惚れました。
舞台の芸技が艶やかなのはもちろんのこと、会場のお客さんも和服姿のご婦人方、舞妓さんやら芸妓さんにご贔屓のお連れさん。
桟敷席から眺めているととても華やか。
日常とはかけはなれた空間でした。
f0062101_09060224.jpg


[PR]
by chiromame | 2017-10-10 08:48
<< 秋を満喫 写メ 秋を満喫 >>